本文へスキップ

「自然治癒力発毛法」で発毛を成功させる方法をお教えいたします。

日本発毛協会公認発毛ドック石岡店

〒315-0011 茨城県石岡市正上内9-15

自然治癒力発毛法とは

日本に住むと髪の毛が薄くなる?


私は、自営で床屋をやっています。

男性や女性・外国人、色々な方が私のお店に来店してくれています。


十数年前に、何年も前から日本に来て仕事をしているパキスタンの男性の方(30代)が…

「最近、髪の毛が薄くなっちゃって…」

「日本に一緒に来た友達も同じく…」

「日本に住むと髪の毛が薄くなるみたい」

このように、とても興味深い事を私に言ってきました。

「パキスタンではどうなの?」

と聞いてみると、若いうちに髪の毛が薄くなる人は、その頃は滅多にいなかったそうです。

「日本では、どうだろうか?」

若い方の脱毛症、円形脱毛症や全頭脱毛症など、近年とても増えているのではないでしょうか。


「いったい、今の日本とは何が違うのだろうか?」

「気候?」「水?」「食べ物?」「性格?」「生活?」など…。

どれをとっても、日本とは違うのかもしれません。


「では、他の国の人達はどうなのだろうか?」

確かに脱毛症の方が、ほとんど居ない所があります。

それは、アフリカなどのジャングルで暮らしている人達です。

あなたも、TVなどで見た事はありませんか?

髪の毛が薄いのは、老人だけではないでしょうか。


「では、その人達はどんな生活を送っているのでしょう」

◦気候は…暑いけれど、湿気があまりない。

◦睡眠は…明るくなったら起きて、暗くなったら寝る。

◦食べ物は…自分で畑を作ったり、狩などで魚や肉を捕る。

◦飲み水は…川や池の水か、ためて置いた雨水。

◦頭や身体は…たまに川や池の水だけで洗う。

 など…


日本と違って、ジャングルなどで暮らしている方達は、生活が豊かでも便利でもないのです。

「しかし、このような生活が脱毛症の方には良いのでは…?」

そうです…。

ここに「いくつかのヒント」があるのです。


現在の日本人の生活環境の問題点


「あなたは、いくつ該当する項目がありますか?」

◦お菓子やジュースなどが大好き。

◦レトルト食品などを良く食べる。

◦忙しくて毎日三食たべられない。

◦仕事や遊びなどで睡眠不足になる事が多い。

◦とても疲れやすい。

◦自分は冷え性だと思う。

◦手や足などが浮腫みやすい。

◦運動などはあまりしていない。

◦携帯やパソコンなどをよく使う。

◦職場や対人関係などでストレスがある。

◦シャンプーはあまりこだわらない。

 など、他にも色々あるのですが…


「どうでしたか?」

該当してしまう項目が、結構あったかと思います。

この質問の中には、今の日本人の生活がとても便利で、豊かになった為に起こってしまう事…。

また、仕事などが毎日忙しい為に、起こってしまう事がいくつもあります。


「脱毛症とは、まったく関係ないのでは?」

と、思う方が居るかと思いますが…

じつは、とても大切で密接に関係しているのです。


これらの内容に関しては、このホームページの

「髪の毛の生成・成長のシステム」

「脱毛の三大要因」

「発毛を成功させる6つの知識」

を順番にご覧頂ければ、少しは理解して頂けると思います。


感動!本物の「発毛法」との出会い


私がこの「発毛法」に出会い「毛髪蘇生士」になったきっかけをお話したいと思います。

「そんな話はいらん!」という方は、すっ飛ばして次を読んでいただいて大丈夫です。

ここでは、発毛の話はしませんから…


私は、この「発毛法」を知る前に、色々な発毛や育毛の講習会に行っていました。

実際その頃、私は発毛の知識があまりなかったのです。

そこで、たくさんの講師達の話を聞き、発毛や育毛の勉強をしたかったのですが…

しかし、どの講習会に行っても、言う事は必ずと言っていいほど一緒で…

「毛穴に詰まった皮脂が…」

「男性ホルモンが…」

「この育毛剤やシャンプーを使えば、きっと…」

 など…。

私も皆さんと一緒で、始めはその言葉をまるっきり信じ、勧められた「育毛剤やシャンプー」などを買ってみました。

実際、私は脱毛していないので、ちょうどその頃「脱毛で悩んでいた友達」に、その買った商品を渡して無料で試しに使ってもらう事にしました。

しかし… 髪の毛は生えてくるどころか、抜ける一方でした。

次に違う講習会に行き、新しい商品を買うと、また友達に試してもらったりして…

結局は「時間とお金と抜け毛」の無駄使いでした。

「もう騙されないぞ!」

その頃から少しずつ、私は発毛や育毛の講習会には行かなくなりました。


そんな時、ちょっとした知り合いの方に…

「本当に髪の毛が生える、凄い発毛の講習会が東京でやるから…」と誘われました。

「どうせまた、いつもと同じだろう…」

と思ったのですが、少しの興味と期待があったため、その講習会に行ってみる事にしました。

「今までの講習会と同じような話だったら、時間の無駄だから絶対途中で抜け出そう…」

と、心の中で思いながら・・・・ (これは、平成7年の頃のお話です)


当日、会場に着き、少しすると講習会が始まりました。

すると、前に出て話を始めたのはなんと!

パンチパーマをかけてヒゲの生えた、ガラが良いとは言えないオジサン。

話し方は、だいぶ訛っていました。(鶴巻博士です)

「この人が、毛を生やすことができる先生なの!?・・・」

そう思って周りを見てみると、周りにいる関係者の方達も、なんか凄く怪しく見えました。

しかし…

その不安は数分で消え、感動に変わりました。

それは、発毛の話が今までとはまったく違うのです。

確かに、今まで聞いてきた事も話しているのですが、まったく違う視点から、髪の毛の事を見ているのです。

その話が、発毛や脱毛との関わりに、とても関係しているので、初めて話を聞いた私は凄く納得をさせられ、その発毛法にとても興味を持ちました。

また、結果写真などもとても豊富で、目を疑う様な写真が数多くあったのを覚えています。

「これは、もしかして本物かも…」

と私は感じました。


私は、すぐに「鶴巻博士の発毛法」の勉強をさせてもらって数ヶ月かけて「毛髪蘇生士」の資格を取りました。

しかし、資格を取ってからがとても大変でした。

私は学生時代、遊びと部活が忙しく、勉強がとても大嫌いでした。

高校入試も、勉強をしないで受けたほどですから…

そんな奴が、発毛の為の色々な勉強をしないといけなかったのです。

でも、今振り返ると…

今は亡き、鶴巻博士が居た本部での「週1回の勉強会」に約2年以上欠かさずに通い、夢中で勉強して苦労した事が、とても懐かしく思います。


あれから…

おかげさまで、様々な脱毛症の方に指導ができ、とても良い結果が出ています。

しかし、今でもまだまだ勉強する事ばかりです。

でも脱毛症の方が、髪の毛が生えたときの喜んでいる顔を見ると…

「この発毛法を勉強して、本当に良かったなぁ」と心から思います。


自然治癒力発毛法とは?


では、今までの話の原点となっている「発毛法」を紹介したいと思います。

それは「自然治癒力発毛法」です。

「なにそれ?」

と思う方がいると思うので…

「自然治癒力発毛法」とは何か?

簡単にお話をしたいと思います。


あなたは「自然治癒力」という力を知っていますか?

転んで膝を擦り剥いた時に、消毒をしたり薬を塗ったりしますが、その消毒液や薬などが傷口を治しているわけではありません。

止血や皮膚の再生は、自分の中に生まれながらにして、持っている「治そう」とする力の働きで、自然に傷口を治しているのです。

このような不思議な力を「自然治癒力」と言います。
(自然治癒力の詳しいことを知りたい方は「発毛Q&AのQ11」に書いてありますので御覧ください)


しかし、この力が「現在の食や生活環境などの影響」で、弱くなっている方がとても多く見られます。

脱毛症になる方も、この力が弱くなっている事が大きな原因です。

つまり、生えていた毛が抜けた時、毛を生やそうとする力が弱くなって細い毛が生えたり、生えなかったりしてしまうのです。


「自然治癒力発毛法」とは・・・

身体に害を一切与えないあらゆる方法で、自分自身が持っている「自然治癒力」を高め、その力を利用して発毛させる方法です。

結果的に「髪の毛も身体も健康になる発毛法」なのです。

薬などを使うわけでもないので、一切の副作用もありません。


ものすごく簡単に「自然治癒力発毛法」の事を、まとめてしまいましたが、これはほんの表面的なものです。

奥を知れば知るほど、とても難しく複雑な発毛法です。

しかし、髪の毛を生やそうとしている皆さんは、そこまで知らなくてもなんの問題もありません。

ただ、「髪の毛と身体の健康は密接に関係している」ということだけは、覚えておいてください。

発毛ドック石岡店(HD石岡店)発毛を成功させる方法

〒315-0011
茨城県石岡市正上内9-15
アクセス

TEL 0120-36-0026
FAX 0299-23-8104
メール  hdi@hatumou-seikou.net
定休日  毎週火曜日・第2.3週月曜日

Blog
Twitter
ニコニコ動画