本文へスキップ

「自然治癒力発毛法」で発毛を成功させる方法をお教えいたします。

日本発毛協会公認発毛ドック石岡店

〒315-0011 茨城県石岡市正上内9−15

発毛を成功させる6つの知識

体温の知識


体温の知識は、発毛を成功させるための中心にある知識と言っても言い過ぎではないと思います。

まずはこの体温の改善をしないと、後から学ぶ自己管理もうまく機能してくれないのです。


ではここで、低体温と冷えについてお話したいと思います。

低体温とは、日本発毛協会では朝の基礎体温が36度以下のことを言います。

また、冷えとは、上半身と下半身の体温のバランスがくずれていることを言います。

この低体温や冷えは、とても体に悪影響を及ぼしているのです。


例えば、おなかを冷やせば「下痢」になり、足腰を冷やせば「痛み」をきたし、身体が冷えると「風邪」を挽き、極端な例ですが「凍死」と言うのは、冷えが死の原因です。

このことから冷えは、私達にとって不健康になる原因とも言われています。


人間は下半身が温かく上半身が下半身よりも涼しい状態が、平常心を保ちやすいようです。

しかし、多くの脱毛症に悩む方は、上半身よりも下半身がつめたい、つまり冷えの状態にあります。

皆さんも、自分の足首などを触ってみると良いでしょう。

その冷たい足にたまった血液が、次に内蔵に戻ってゆきます。

すると内臓が冷やされ、機能が低下し、血流の流れも悪くなる為、体温も低下してしまいます。


自分は「冷え症」または「冷えている」と分かっている方はいいのですが、中には自分が冷えていることに、まったく実感がない方がたくさんいます。

そんな方の例をいくつか挙げてみると…

「冬でも布団から足を出さないと、足が火照って眠れない」
「夏はとても暑くて、すぐにクーラーをつけたくなります」
「ラーメンなどを食べると汗がだらだら出ます」
一見これらの症状はいかにも冷えていない症状のように感じますが、実は正反対なのです。

「冬でも足が火照ってしまう」のは日常足がかなり冷えているために、布団に入った時に体温が平均化すると、いつも冷たいはずの足が温められてしまい、そのギャップに耐えられないのです。

また、「夏すぐにクーラーをつけたくなる」のは、体温が正常の人より冷えているために、外気とのギャップが激しいことに、我慢できなくなってしまうのです。

つまり常に身体が冷えている人は、その冷えている状態が普通になってしまって、温められると違和感を感じてしまい、元の冷えた状態に戻そうと身体が勝手に反応してしまうのです。

「ラーメンを食べて汗をかいてしまう」のも、いつも冷えている体が温められてしまい、汗をかいて気化熱で身体を元の冷えている状態に戻そうとする作用なのです。


この日常冷えている方や低体温の方は、次のことが身体の中で起こってしまいます。

「身体の生理機能が下がってしまう」
「細胞の新陳代謝が低下してしまう」
「栄養の消化吸収に悪影響を及ぼす」
「免疫力の低下やストレスの増大」

このような原因により、身体の健康状態を悪くしてしまうだけではなく、髪の毛の生成や成長を阻害してしまうのです。


たとえば、どんなに栄養のあるものを食べても、低体温や冷えによって内蔵の機能が低下していれば、うまく吸収されません。

いくら発毛させるために食事面を見直したとしても、思うような結果が得られないと言うことが起こってしまうのです。

また、冷えが原因で「ストレスに掛かりやすくなってしまう」と言うことも分かってきています。

そこで、この脱毛の原因になる低体温や冷えを改善させる必要があるのです。


体温を上げるために必要な知識は、「正しい入浴方法」や「冷えに対する知識」また「衣類」「住まい」「職場環境」などにも気を使う必要があります。


まずは、「ご自身の体温がいったいどのくらいあるのか」を実際に測ってみてください。

測るときに使用していただく体温計は、できれば水銀の体温計がいいのですが、なければとりあえずデジタルの体温計でもかまいませんので、朝「身体を起こす前に寝たままの状態で1回」、そして夕方「入浴や夕食を済ませる前に1回」の1日に2回を1週間程度測ってみましょう。

朝の体温の平均が36度以上あれば、とりあえず合格点だと言えます。

そして夕方の体温は、朝の体温よりも若干高めになっていますか?

異常に高かったり、また朝よりも下がってしまっていたら、体温に対する勉強をして日常生活を見直したほうが良いでしょう。

発毛ドック石岡店(HD石岡店)発毛を成功させる方法

〒315-0011
茨城県石岡市正上内9−15
アクセス

TEL 0120-36-0026
FAX 0299-23-8104
メール  hdi@hatumou-seikou.net
定休日  毎週火曜日・第2.3週月曜日

Blog
Twitter
ニコニコ動画